地域をプロデュースする食の専門メーカー

四国山脈の真ん中に位置する工石山(くいしやま)。
その山裾に抱かれるようにひらかれた
高知市土佐山の農産物を使った商品を造ることから、
旭フレッシュは始まりました。

南国土佐の太陽をたくさん浴びた自然の恵みは、
昔ながらの土佐の味を伝えてくれます。
地域の自然や人々と歩んできた旭フレッシュ。
そこには全国の食卓に美味しいものを届けたい
という思いから生まれた、
こだわりの素材選びと製法があります。

旭フレッシュのこだわり その1。高知の自然が育む、香り豊かなゆず

皮ごと搾汁されるゆずの品質は、精油成分を含む皮の厚さと、果汁とのバランスが重要です。

柑橘類は、寒い地域では皮が厚く果汁が少なくなりますが、暖地では果汁は多くとも皮が薄くなってしまいます。豊かな香りとたっぷりの果汁を含んだゆずを栽培するには、高知県の山間地の気候風土がぴったりでした。

現在、ゆずの全国生産量の約半分を占める高知県。その品質の良さは非常に高く評価されています。旭フレッシュの製品の原料となるゆずは、土佐山の契約農家で丹精込めてつくられた、高知県が誇るゆずなのです。

香りの秘密

天然の柚子酢を使用した商品は、しばらく経つと瓶の上部に白いものが溜まってきます。これがゆずの香りのもととなる精油成分です。

旭フレッシュのこだわり その2。製造工場の衛生管理と商品の品質管理

旭フレッシュでは、商品毎の品質検査、工場内の衛生管理を行うことで、お客様に、より安全で安心していただける商品づくりに取り組んでいます。
工場内へは、専用の作業服に着替えた後、ローラー掛け、エアシャワーをあびて入場することを義務付けています。

「食の安心・安全」につきましては、今後も引き続き、品質・衛生・トレース管理を着実に実行して参ります。